• STIHL
  • 太陽熱温水器
  • 薪ストーブ、薪ボイラー
  • 水まわり空間のご提案
  • 太陽光発電
  • 金物、資材販売
  • 電動工具
  • リフォーム
  • ブログ
  • 最新情報
  • 腰袋商品紹介

HOME > 薪ストーブ導入前に知っておきたいこと

薪ストーブ導入前に知っておきたいこと

薪ストーブ導入前に知っておきたいこと

寒い冬を乗り切るために、薪ストーブを導入するご家庭が増えています。
寒い冬の朝、エアコンなどの暖房器具を使っても寒いと感じたことはないでしょうか。
薪ストーブなら部屋中が芯から暖まり、寒い朝でも快適に迎えることができます。
これから薪ストーブを導入するのであれば、知っておいて欲しいことがあります。

薪ストーブ導入前に知っておきたいこと

薪ストーブの活用方法をイメージする

薪ストーブの活用方法をイメージする

ご自宅に薪ストーブを取り入れる際、主暖房として取り入れるのか、インテリアの一部として取り入れるのかなど目的を明確にしましょう。

目的によって薪ストーブ選びの基準も異なるからです。
他の暖房器具をメインにして薪ストーブをインテリアの一部として考えるなら、気分転換程度に楽しめる大きさやデザインを選ぶといいかもしれません。

しかし、薪ストーブを主暖房として考えるのなら暖めたい空間の広さや、建物の断熱性・気密性なども考慮したうえで選ぶことが大切です。

また、薪ストーブを調理器として活用する場合は、ストーブのサイズや構造の関係上、鍋やヤカンが置けない、ピザやチキンを調理したいけれどストーブ庫内が狭くて調理することができないなど、思うように料理が楽しめないという理由から数年後に買い替える方も実際にいらっしゃいます。そのため、あらゆる活用方法をイメージしたうえで薪ストーブを選ぶようにしましょう。

設置場所も考えてみよう

設置場所も考えてみよう

薪ストーブは、既存の建物・リフォーム・新築に関係なく導入・設置することが可能です。
しかし、どこにでも設置してよいというわけではありません。薪ストーブは熱量がとても多いという特徴あります。

本来の暖房能力を最大限発揮させるためにも、自宅のどこに設置するのが最適なのかを良く考えておくことが大切です。

室内に効率よくストーブの熱を行きわたらせることができれば、薪のランニングコスト削減やストーブそのものの寿命につながり、経済的な面でもメリットが生まれます。

薪ストーブ導入による補助金

薪ストーブの導入は、エコ活動の一環としても考えられており、自治体に補助金を申請することが可能です。ただし自治体によって導入費用を援助する補助金が支給されていない場合もありますので、事前にお問い合わせください。広島県内の一部では、補助金を支給している自治体があり、世羅町では、10万円の補助金があります。(2015年現在)

三原市・三次市・東広島市・尾道市など、広島県で薪ストーブに関するご相談は世羅町にある藤岡にお任せください。薪ストーブ選びなどでお困りの方に、最適なストーブをご提案いたします。また設置場所に関しても施主様のご希望に沿って最適な場所をご提案いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。薪がなくてお困りの方には薪の販売もしておりますのでご安心ください。

広島の薪ストーブ設置施工は株式会社藤岡

広島で薪ストーブ設置(煙突工事及び設置・煙突取付および本体設置)や、薪ストーブ施工(室内の大工工事・煙道作成・壁面工事)をお探しなら、株式会社藤岡へご相談ください。

広島の薪ストーブ(リフォーム)は株式会社藤岡

広島の世羅郡周辺での薪ストーブのリフォーム施工も、株式会社藤岡へお任せください!室内工事系、壁面工事系、煙突工事系、設計、施工、デザインなど、広島での薪ストーブ・薪ボイラーリフォームなら、なんでもご相談ください。


サイト名: 株式会社藤岡
企業名: 株式会社藤岡
住所: 〒722-1112 広島県世羅郡世羅町大字本郷1021-1
電話: 0847-22-0353
URL: http://www.fujioka-co.jp/
業種: 金物/住宅機器/工具販売/リフォーム施工/薪ストーブ設置
説明: 広島で薪ストーブ設置、リフォーム施工は株式会社藤岡へご相談ください。
おすすめ: 薪ストーブ設置・施工(世羅郡・三原市・尾道市)薪ストーブ活用(アクセサリ・薪・ストーブ料理)・薪ボイラー設置・施工(世羅郡・三原市・尾道市)・リフォーム施工(オール電化・太陽光発電)・水回りリフォーム(キッチン・バス・トイレ)
所在地/国: 日本
所在地/県: 広島県
所在地/市: 世羅郡
所在地/町: 世羅町
許可番号: 管工事 広島県知事 般22-第25989号
浄化槽工事業 届5第667号
産業廃棄物収集運搬業 第03406100247号

このページのトップへ